レディー

エラの改善には大掛かりな手術よりもボトックス注射の方が簡単

わきがや多汗症の改善

カウンセリング

美容外科では、幅広い施術にボトックスが使用されています。シワ取りや、顔のエラ張りを解消するのに効果発揮するボトックスですが、わきがや多汗症の改善にも利用されています。ボトックスをわきに注射することにより、筋肉の動きを抑えることができるので汗の発生を減らすことができます。汗の発生が減ることで、アポクリン汗腺の動きも鈍くなりニオイの原因になる成分の発生が少なくなります。ボトックス注射を行なった跡は、ほんの少し腫れますが、虫刺され程度の大きさなので痛みを感じることはほとんど無いでしょう。数時間経過すれば自然におさまりますし、麻酔を行なって注射するので短時間の施術で済みます。施術後は、1週間ごろから効果があらわれはじめます。その間はできるだけ、わきを清潔に保つようにしましょう。入浴の時は、患部を強くこすることは避けましょう。長湯で体温が上昇すると大量の汗をかいてしますので、効果を実感するまでシャワーで済ませるようにしましょう。ボトックスは一度注射すると半年程効果が持続しますが、定期的に打つ必要があります。注射を行なってわきがや多汗症を改善したいのであれば、医師と相談して打つペースやタイミングを相談しましょう。クリニックによっては、トライアルキャンペーンを開催していることもあります。通常の施術費用よりも、格安な料金で施術を受けることができるので、出費を抑えたい方は利用してみましょう。また、クリニックの会員になれば、施術費用が安くなることもあります。スマホやパソコンから調べて情報を集めてみましょう。